交通事故!事故を起こした時あなたが取るべき行動は?

交通事故はある日突然、前触れも無く予期せぬときに起こってしまいます。

 

今日は事故するぞ!といって事故を起こす人はいませんよね。

 

そんな時のために前もって、もし事故が起こってしまった場合の解決方法を持っておくことが大切ではないでしょうか?

 

万が一の事故の際、不利な立場にならないことや、迅速に解決することを目的に解説します。

 

交通事故が起こってからの全体的な流れとしては、まずは冷静に、落ち着いて状況を確認しましょう。

 

事故後に相手の保険会社や相手と示談交渉を進め、事故解決をするときに状況をきちんと把握しておくことがとても大切なポイントです。

 

このとき、事故の状況をきちんと把握しておけば、優位に立ち回ることが可能です。

初期対応1

怪我人の救護

怪我人がいる場合は、怪我人の救護を最優先に行います。落ち着いて、迅速に119番へ連絡をしましょう。

初期対応2

警察へ連絡

事故が起こった場所、どういった事故か、怪我人の人数、怪我の程度などを聞かれるので、状況を説明して警察が事故現場に到着するのを待ちましょう。

初期対応3

事故現場の状況の記録

警察が来てから状況見分が行われますが、交通量が多い道路であったり、事故で車が道路を塞いでいたりすると事故を誘発してしまう可能性があります。

 

2次災害の事故を誘発しないために、車を移動することが出来る場合は、安全な場所に移動させましょう。

 

移動させる前に、携帯のカメラなどで現場写真を撮影しておけば、記録に残りますので出来ることなら写真などを撮り、状況見分の際に警察に見せましょう。

 

ドライブレコーダーを搭載している場合も、証拠として提出できる情報となりますので、万が一の時に役立ちます。

初期対応4

事故相手の身分を確認

相手の名前、住所、電話番号、車のナンバープレート、自賠責保険会社、任意保険会社などを確認しておくこともしておきましょう。

 

相手の勤務先などがわかる名刺等がある場合は、もらっておきましょう。

初期対応5

目撃者の確認

事故の際に目撃者がいた場合、証人としてその場に居合わせてもらうか、連絡先を聞いておきましょう。

 

目撃者の証言は、保険会社や警察に信用されることが多いので、可能であれば協力をお願いしましょう。

初期対応6

契約している保険会社に連絡

警察への連絡が済めば、保険会社にも連絡を入れましょう。

 

相手への賠償などは先の話になりますが、先に保険会社に事故があったということを伝えておくことにより、あなたに代わり保険会社がスムーズに対応してくれます。

初期対応7

病院で診断を受ける

自身に大きな怪我が無くても、後から症状が出てくる場合があるので、検査は受けておきましょう。

 

あまりにも日数が経過していると、事故による症状であっても事故の症状だと認められない可能性もあるので、早めに病院で医師の診断を受けておくことが大切です。

 

ここまでが大まかな流れになります。

事故解決の際に「優位」に立ち回るために

タイトルで述べた「優位」に立ち回るための方法は「その場で謝らない」ということです。

 

その場で謝ってしまうということは、自分が悪いということを認めてしまうということになります。

 

「ごめんなさい」や「すみません」など謝罪の意味ととれる言葉には気をつけましょう。

 

自分の非を認めたと相手がとらえると、どんな相手かわからないので因縁をつけられたり、示談がなかなか進まないなどそういったことになりかねません。

 

ですので、その場で簡単に謝るということはやめましょう。

 

自身に過失がなくても、相手の運転手にすごい剣幕で怒鳴られ、謝ったせいで過失割合が大きくなる・・・

 

なんてことがあっては悲しいですよね?

 

事情が分からないし、当事者同士ではなかなか解決しないので、警察や保険会社の担当者に任せる旨を伝えましょう。

絶対に示談交渉をしない

そしてもうひとつは、「その場で絶対に示談交渉をしない」ということです。

 

その場で示談交渉をしてしまうと、最初は支払われたが後に治療費や賠償金が支払われないこともあります。

 

そのため、必ず保険会社を通して事故解決をしましょう。そして、もし事故が起こった場合には、どんなに小さな事故でも警察に通報し、事故処理と状況見分を行ってもらいましょう。

 

警察により事故処理を行っていない場合、その事故が本当にあったのかどうかといった正式な記録が残らないため、保険会社宛に保険金請求をする際に必要な「交通事故証明書」を発行してもらえないので、保険金を請求することができなくなってしまいますので気をつけましょう。

場合によっては、弁護士を雇うことも・・・

交通事故で示談がうまく進まず、話の折り合いが付かない場合は、弁護士に依頼した方が良い場合があります。

 

弁護士を雇う場合、任意保険に特約として「弁護士特約」が付帯している場合は、保険金の規定内で弁護士費用を負担してもらえます。

 

各任意保険会社やプランによって金額の違いはありますが、月々100円程度の割り増し掛け金になるかと思います。

 

弁護士特約を使用することによって、事故解決をスムーズに行い、示談金や保険金が増える場合もあるので、任意保険に弁護士特約が付帯している場合は、有効に活用して弁護士を雇うのもひとつの手です。

 

弁護士特約を使用したからといって、保険等級が下がり保険料が上がることはないので、使用することをおすすめします。

事故解決の際に「優位」に立ち回るためのポイントまとめ

・きちんと事故相手の身分を確認しておく

 

・その場で謝らない

 

・その場で示談はしない

 

・どんな小さな事故でも警察に通報する

 

・任意保険に弁護士特約の付帯した契約をしておく

といったことが、優位に立ち回るポイントになります!

 

最後に、明らかに自分が100%過失の事故は、きちんとお詫びしましょう!